りんたろう雑記帳

ゲーム情報から日常のちょっとしたことまで「ゆる楽しい」をモットーに

M-1グランプリ超直前!色々考察など!

どうも!毎年12月に放送されるM-1グランプリがいよいよ本日放送という事で、ちょっと軽いまとめ&予想なんかをしてみたいと思います!

というわけでりんたろう@rintarou_zakki)です。

 

今年も漫才頂上決定戦のM-1が本日(12月4日、日曜日)あと数時間後に放送されます!

M-1と言えば2010年に一度幕を閉じましたが、2015年に再び開催され話題となりましたね。

 

というわけでM-1グランプリを軽くまとめてみました!

…と言いたいのですが…

今更感がものすごいので、ここでは本当に軽くサラッとおさらいする位にしようと思います。

 

という訳で…

 

サラッとM-1グランプリについておさらい!

 

M-1グランプリは2001年からスタートした島田紳助さん企画、吉本興業主催の漫才コンテストです。

 「MANZAI」のMをとってのM-1グランプリという訳ですね。

 

上でも書きましたが、M-1は2010年に1度「次へ繋げるための発展的解消」という理由で終了しましたが、出場資格などを変更し2015年に復活しました。

 

テレビ放送は基本決勝戦のみですが、そこに至るまでには、予選である

1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝、と 勝ち抜いてこないといけない非常に過酷な道のりとなっています。

 

 

歴代の優勝コンビ

 

はい!こんな感じになっております!

もっと詳しく知りたい方はwikiあたりをご覧ください…

 

ではここで今年の出場者を見てみましょう!

 

  1. アキナ
  2. カミナリ
  3. 相席スタート
  4. 銀シャリ
  5. スリムクラブ
  6. ハライチ
  7. スーパーマラドーナ
  8. さらば青春の光
  9. 敗者復活枠

 

 うーむ…なるほど…知る人ぞ知るというコンビから、メジャーなコンビまで揃ってますね…!

 

という訳でそれぞれのコンビを紹介しながら、今年のM-1優勝は誰になりそうか考えてみましょう。

 

アキナ(吉本興業) 初出場

秋山賢太山名文和

 

キングオブコントには2014年、2015年と2年連続決勝進出、THE MANZAIでは2014年に3位、2015年のNHK上方漫才コンテストでは優勝を果たしており、ここ最近で力を伸ばしている関西の実力派若手芸人と言えるでしょう。

 

漫才のスタイルは「しゃべくり」よりは「漫才コント」寄りのものが多く、勢いのあるツッコミと飄々としたボケがテンポよく繰り出されます。

 

実力は充分ですが出番が1番ということもあり、やや厳しいかな?という印象です。

出番が1番で優勝したコンビは第1回大会の「中川家」以外いません。

 

カミナリ(グレープカンパニー) 初出場

竹内まなぶ・石田たくみ

 

2015年からメディアに露出し始め、「お願いランキング」、「ぐるぐるナインティナイン」、「シューイチ」、「ナカイの窓」などに出演し、勢いの出てきたコンビと言えるでしょう。

 

M-1という緊張感の中で、どれだけ本来の力が発揮できるかがカギとなりそうです。

 

漫才のスタイルは「しゃべくり」が多く、ボケに少しノった後、大きくツッコむといったパターンのものが多いです。

最初のインパクトが強いですが、その分慣れてしまうと少しマンネリ感が出てしまうかもしれません。

優勝は厳しいかな?といった印象です。

 

相席スタート吉本興業東京)  初出場

山添寛・山崎ケイ

 

M-1では南海キャンディーズメイプル超合金に続く男女混合コンビとなっています。結成は2013年と比較的最近ですが、山崎ケイの「ちょうどいいブス」というキャラが話題となり2014年にメディアに露出し始め、2015年から多くの番組に出演するなど目覚ましい活躍をしています。

 

2013年のTHE MANZAIでは認定漫才師に選ばれ、キングオブコントでは2014年〜2016年まで準決勝まで進出、また2015年のM-1でも準決勝まで進出するなど、実力は充分といえるでしょう。

 

漫才のスタイルは基本的に「しゃべくり」であり、男女混合という事を活かして恋愛やモテ等を扱ったネタが多い。

またネタの進行自体はスタンダードであり、南海キャンディーズメイプル超合金のようなインパクトには欠けるが、その分漫才の実力に期待できると思います。

うまくハマれば最終決戦進出もあるかもしれません。

 

銀シャリ吉本興業) 3大会連続3回目

鰻和弘橋本直

 

2007年のABCお笑い新人グランプリを皮切りに数々の賞を取ってきた実力派漫才師です。

M-1には2006年に準決勝進出し、2010年、2015年、2016年と3大会連続で決戦進出を果たしています。

前回のM-1では2位になっており、今大会の本命といっても過言ではありません。

 

漫才のスタイルは「しゃべくり」であり、漫才の際は「横山やすし」、「西川きよし」などの古き良き漫才の影響を受けているため青スーツを着用している。

古風な正統派漫才はインパクトに欠け、流れによって評価が変わることがあるが、実力は充分であり今回の流れでは最終決戦進出はかなり期待できると言って良いでしょう。

 

スリムクラブ吉本興業東京)2大会ぶり2回目

真栄田賢内間政成

 

2009年にはM-1グランプリ準決勝、2010年には決勝まで進出し準優勝を果たしてます。

また2010年のキングオブコントでは準決勝進出、2011年のTHE MANZAIでは認定漫才師50組に選ばれており、真栄田賢個人では2011年にR-1ぐらんぷりでも決勝進出しています。

銀シャリと並び今大会の優勝候補と言えるでしょう。

 

漫才スタイルは「スローテンポ漫才」という今までの漫才の概念を覆すものであり、2010年のM-1グランプリ決勝では大きな衝撃を与えました。

当時審査員であった松本人志も「時間が惜しくないのか」とコメントする程のスローテンポで言葉数がかなり少ないネタとなっています。

 

実績は充分で優勝候補といえますが、初出場でのスローテンポ漫才というインパクトを残した分、今回の大会でどこまで通用するのかという不安要素があります。

 

ハライチ(ワタナベエンターテインメント) 4大会連続4回目

岩井勇気澤部佑

 

現在バラエティ番組に引っ張りだこで、人気のあるハライチです。

M-1グランプリには2005年から出場しており、2005年は3回戦、2006年、2007年には1回戦で敗退しますが、2008年に準決勝まで進出し2009年、2010年、2015年、2016年と4年連続で決勝に進出しており実力は充分のコンビと言えるでしょう。

M-1決勝での戦績はそれぞれ5位、7位、9位とあまり芳しくはありませんが、今回どこまでいけるのか非常に楽しみですね。

 

漫才のスタイルは「ノリボケ漫才」という岩井のボケに、澤部がツッコむ事なくひたすらノっていくという独特のスタイルが有名であり、過去のM-1でもそのスタイルの漫才を披露しています。

実力は充分ですが、独特なスタイルがどの様に評価されるかがカギとなっているでしょう。

 

スーパーマラドーナ吉本興業)2大会連続2回目

田中一彦・武智

 

M-1グランプリでは2004年、2005年、2006年、2008年、2009年には準決勝進出、2010年には準々決勝進出、2015年には決勝まで進出し5位となっています。

またTHE MANZAIでは2011年に予選16位、2012年には予選8位で決勝に進出しています。

他にもNHK上方漫才コンテストMBS新世代漫才アワードで優勝するなど、順調に力をつけてきているコンビと言えます。

 

漫才のスタイルは「漫才コント」であり、気の弱そうな田中と強面の武智のやり取りはのび太ジャイアンを見ている様です。

見た目は弱そうながらサラッとクレイジーなボケをかます田中に、武智がガッツリとツッコんでいきます。

面白いコンビではありますが、スタイル自体はスタンダードなため順番の関係や流れ次第では少し霞んでしまうかもしれません。

 

さらば青春の光(ザ・森東) 初出場

東口宜隆森田哲矢

 

なにかとお騒がせなさらば青春の光M-1グランプリに殴り込みをかけました!

M-1グランプリでは2008年に2回戦敗退、2009年準決勝進出、2010年3回戦敗退、2015年準決勝進出となっており、今回が初の決勝進出です。

 

しかしキングオブコントでは2012年〜2015年まで連続で決勝進出し、2012年には準優勝を果たしています。

またTHE MANZAIでは2011年、2012年、2014年と認定漫才師になっており、その他にも様々なコンテストで優勝や準優勝を取るなど、実力、実績と共に充分なコンビと言えます。

 

漫才のスタイルは「しゃべくり」です。

どちらかといえばコント師というイメージですが、漫才ではしゃべくり漫才を繰り広げます。

正統派と言うよりは、勢いのあるシュールなネタが多い印象です。

 

出番が最後の方(8番目)という事もあり、評価はだいぶ流れに左右されそうです。

過去に8番目から優勝したコンビはアンタッチャブルパンクブーブーの2組で、さらば青春の光のシュールな空気感のネタでは少し厳しいかな?という感じがあります。

 

敗者復活枠 (番組内で発表)

 

毎年番組内で発表される敗者復活枠ですが、敗者復活から最終決戦進出も数多くあり、さらに2007年のサンドウィッチマンや、まだ記憶に新しい2015年のトレンディエンジェルなど敗者復活枠からの優勝というパターンもあるので、ある意味期待の持てる枠と言えるでしょう。

 

敗者復活した勢いそのままに会場の空気を全て持っていく!

…かどうかはわかりませんが復活してくるコンビに期待しましょう!

 

 

という訳で少し長くなりましたがM-1について少しお話させて頂きました!

優勝は一体誰なのか…気になりますね!

M-1が今から楽しみです!

 

私の予想は

  1. 銀シャリ
  2. 敗者復活枠
  3. スリムクラブ
  4. ハライチ
  5. スーパーマラドーナ
  6. さらば青春の光
  7. アキナ
  8. 相席スタート
  9. カミナリ

 

こんな感じかな?と勝手に予想してみたりしてます。

 

M-1グランプリ2016 公式サイト

 

 

リアルタイムに観られないので、録画を夜中に観たいと思います。

というわけでりんたろう@rintarou_zakki)でした。

期待の新作ゲームアプリ紹介!「GIRLS ON METAL」

どうも!今年も残す所あと1ヶ月ですね。

もう2016年も終わりなのか…と、なんとも言えない気持ちになってるりんたろう@rintarou_zakki)です。

 

今月はクリスマスとか大晦日とかありますが…

皆さんはどう過ごされますか?

 

彼氏、彼女と楽しい1日を…

友達とパーティ…

家族でまったり…

 

色々あると思いますが…

 

ゲームをする!

 

そんな過ごし方があってもいいでしょう!

 

という訳で今回紹介させていただくゲームはこちら!

 

「GIRLS ON METAL」(ガールズ オン メタル略してガルメタ!)

 

f:id:matatabikotaro:20161201154238j:image

 

可愛い女の子達とメカが全面に出ております!

女の子がメカに乗って戦う的な感じですかね?

アイドルマスターXENOGLOSSIAみたいな?)

 

ちなみに運営は「アイザック・バース」という会社らしいです。

初耳だったのでちょっと調べたら2015年5月にゲーム事業を設立したらしく、あまり情報が無い…

もしかしたら「ガルメタ」が最初のゲームという事になるんですかね?

 

では!そんな「アイザック・バース」さんの新作、「ガルメタ」の情報をちょっとまとめてみたいと思います!

 

 

 

「ガルメタ」はキャラクターやキャストが魅力的らしい!

 

「ガルメタ」には可愛い系、セクシー系、カッコいい系など、様々なタイプの女の子達が100人以上も登場し、さらに全部の娘に声優さんのボイスがついてるようです!

 

声優さんの一部をご紹介させていただくと…

 

田村ゆかりさん、斎藤千和さん、佐倉綾音さん、釘宮理恵さん、内田真礼さん、早見沙織さん等々…

 

多くの有名声優さんも参加しており、魅力的なキャラクターをより一層引き立ててくれる事間違いなしです!

 

現在公式サイトではキャラクターやメカの人気投票を行っています。

投票すると抽選で声優さんのサイン色紙が貰えるようなので、興味のある方は是非投票を!

  

「ガルメタ」は戦略性の高いゲームシステムが魅力的らしい!

 

 

皆さんは 「バトルシップゲーム」ってご存知ですか?

海戦ゲーム」とも呼ばれるのですが、どの様なゲームかを説明すると長くてややこしくなります…。

ものすごく簡単に説明しますと…

 

お互いに相手の艦の位置を予測しながら、「攻撃」と「移動」をターン制で行っていき、相手の艦を全て落とせば勝ち!

 

とまぁこんな感じで、対戦式のマインスイーパーみたいな感じ…と言えば良いでしょうか…?

 

もっと詳しく知りたいという方はwikiをご覧ください…!きっと色々載ってると思います…!

 

そして「ガルメタ」はそんなバトルシップゲームを基にしており、スキルなどの要素を加えることでより一層戦略性の高いゲームになっている様です!

 

バトルシップゲームをソーシャルゲーム化したものは今まで見なかったので、どうなるか楽しみですね。

ただこういうゲームは好き嫌いがはっきり分かれそうなので、そこはちょっと心配です…

 

 

 

「ガルメタ」は対人戦がアツいらしい!

 

まぁこれはもう「らしい!」というより「アツい!」と言って良いでしょう。

もともとバトルシップゲームは人と1対1で戦うゲームなので、むしろ対人戦が本来の遊び方と言っても過言ではないと思います!


全国のプレイヤーと対戦し、競い合いながら、最強を目指して頑張りましょう!

 

またこの対人戦で勝利すると手に入るアイテムを消費する事で、レアキャラやメカが手に入るそうです!

これによって更に一戦一戦気の抜けない勝負となりそうですね…!

もちろん勝って行くためには強化が不可欠ですが…

それだけでなくメカキャラクターには相性があり、タイプを合わせる事で更に力を発揮する事があるようです。

勝利していくためにはただ強化するだけではなく、組み合わせを考える事も必要な要素となるでしょう!

 

 

 

「ガルメタ」はガチャが凄いらしい!

 

「ガルメタ」ではEキューブ(ガルメタでの課金アイテム)を使った10連ガチャを引くと、ランダムで「Burst Rush」(バーストラッシュ、略してバスラ)という演出が起こる事があるそうです!

ではその「バスラ」 とはどういう物なのかというと…

 

なんと!

石を使わずに追加でガチャが引けちゃうんです!

 

演出等詳しい事はまだわからないのですが、このバスラはどれだけ続くか運次第で運が良ければ10連でも20連でも続く可能性があるみたいです!

これはガチャを引く時の楽しみが増えて嬉しいですね!

 

追加で引けるというのは「ジョジョの奇妙な冒険 Stardust shooters」の「すでに手は打った」や「駄目押しにもう一本」演出みたいな感じなんでしょうかね…。

 

出現率にもよりますが、なんにせよこういうおまけ的な要素は嬉しいです!

 

 

はい!という訳で軽く「GIRLS ON METAL」(ガルメタ)についてまとめてみました!

 

私はバトルシップゲームというものをあまり知らなかったのですが、読み合いをするシステムは面白そうですね。

ただハマる人はハマるけど、苦手な人はとことん苦手なジャンルだと思うので、万人受けは難しそうな気がします…。

 

そんなガルメタのリリース日は12月上旬となっており、延期などがなければ近い内のリリースが予想されます。

まだ公式HPや予約トップ10等で事前登録を行っているので、まだの方はお早めにどうぞ!

また上で書いた、メカ、キャラクターの人気投票も合わせてどうぞ!

 

garumeta.com

 

 

新作ゲーム紹介が板についてきた?りんたろう@rintarou_zakki)でした。

 

ちょっと!「ALL OUT」アツすぎない!?

どうも!ゲームの話だけには飽き足らず、アニメまで範囲を広げだしたりんたろう@rintarou_zakki)です。

(だんだん風呂敷を広げ始めましたが、いずれ収束していくと思うので生暖かく見守ってください…)

 

一応冒頭で書いた通り今回はアニメ、漫画のお話です。


今年も終わりが近づいてきて、また1つのクールがまた終わろうとしてますね。

 

 

私は基本的にアニメは第1話から可能な限り録画予約を入れて、ある程度貯まった所で少しずつ観ていきながら視聴継続していくアニメを厳選していく方針をとってます。

(…って結構皆そうだったりしますかね?)

 

なので「速報!」とか、「いち早くアニメの情報をお届け!」みたいなのは出来ないです、私…。

 

 

っていうか…

 

 

1話観て凄い面白かったら続きが気になってしかた無さすぎる!

 

f:id:matatabikotaro:20161202173837j:image 

 

みたいな感じになるのでわざと貯めてます。

 

そんな「面白いアニメは一気に観たい派」な私…。

 

今期も色々録画をして貯めてから少しずつ消化しているのですが、タイトルの通り…

 

 

ちょっと!「ALL OUT」アツいじゃない!

 

 

って思ったりしてるわけです。

 

 

というわけでここで…

 

 

「ALL OUT 」とは!


月刊モーニングtwo」で2013年から掲載されている漫画で、作者は「雨瀬シオリ先生」!
現在単行本は10巻まで出ており、2016年10月から東京MXやMBSBS11などでアニメが放送中!

「2016年12月2日現在」では第9話まで放送されています!

 

ちなみにアニメを制作しているのはトムス・エンタテインメントさんとMADHOUSEさんです。
(勝手なイメージですが、MADHOUSEさん制作のアニメら結構原作に忠実で上手くアニメにしてるイメージがあります…。)


気になる内容はいわゆるスポ根!
ですが…その題材となっているのが「ラグビー」なんです!


ラグビーといえば去年、日本代表が歴史的勝利を収めてから注目度が一気に上がりました!
まぁこのALL OUTをアニメ化も、そこを受けての事なのかもしれませんね…!


「ALL OUT」ってどんなお話なの?

 

というわけで軽くあらすじを書きますと…

 

背の低さがコンプレックスで喧嘩っ早い気性の持ち主である祇園健次は、県立神奈川高校(通称:ジンコー)の入学式の日に、背が高く気の弱い清水澄と出会う。


ひょんなこと岩清水と一緒にジンコーラグビー部を見学する事になった祇園は、「身長など関係無く出来る事」、「誰だって主役になれるという事」を聞きラグビー部に入部したのだった。
それを機に発展途上でまだまだ弱小のジンコーラグビー部を中心として、チーム、個人の思い、周りの大人たちの様子などが、成長、変化する様子が丁寧に、そしてアツく描かれていく…!


そんなお話です!

(結構簡単にまとめたのであっさりしてますけど、実際はもっと色々あるんですよ…本当に…)

 

まぁしかしなんとなくわかると思いますが「良くも悪くもいわゆるスポ根」なんですよね。

 

これは王道展開で燃える!」って思う方もいらっしゃるでしょうし 

 

もちろん

 

ベタだなぁ…」って思う方もいらっしゃると思います。

 

やっぱり王道とベタは紙一重…。

 

 

ですがこの「ALL OUT」是非一度観ていただきたい…!
気に入れば是非、原作も読んでいただきたい…!

 

 

正直展開はベタで「この次はこうなるだろうな…」ってわかってしまう事が多いです。
でもいざそのシーンになると、悔しいながらもグッときている自分が居るんですよね…。 

 

キャラクターの熱量やそれを演じる声優さんの演技がとても響いてきます。
私は試合などで垣間見えるキャラクターの勝ちへの執念に心を打たれまくってたりしますから…!

 

 

「ALL OUT」は今期(…といっても今期はもうすぐ終わりではありますが…)オススメのアニメの1つです!
(あ、もちろん人には好みや、好き嫌いがあると思いますので、無理強いはしませんよ!はい。)

 

 

ちなみに!

 

 

ALL OUT」は連続2クールアニメですので来年3月まで全25話放送予定です!


なのでちょっと気になってるそこのあなた!
まだ間に合います!

 

まだこれから半分以上ありますので、気になった方はなるべく早いうちに視聴を開始しましょう!

 

 

…というわけでALL OUTの熱にやられるままに記事を書いてしまいました…!

是非少しでも気になった方がいらっしゃいましたら、観てみてくださいね。

 

 

 


最初「ALL OUT」を観た時、ちょっと「ゴクドーくん漫遊記」を思い出したりんたろう@rintarou_zakki)でした。

期待の新作ゲームアプリ紹介!「信長の野望 〜俺たちの戦国〜」

今回も現在事前登録受付中の気になるゲームを紹介していきます!りんたろう@rintarou_zakki)です。

 

というわけで今回ご紹介するのはこちらです!

 

信長の野望 〜俺たちの戦国〜」

 

f:id:matatabikotaro:20161130224210p:image

 

あの1983年に光栄マイコンシステム(現:コーエーテクモゲームス)からリリースされ、今なお続く「信長の野望」シリーズが遂にスマートフォンアプリに登場です!

歴史シミュレーションゲームというジャンルを確立し、幅広く人気を集める信長の野望が配信されるという事で期待せずにはいられません!

 

…でもサブタイトルの「俺たちの戦国」ってなんかちょっとレストランみたいな名前…ww

 

ではそんな信長の野望 〜俺たちの戦国〜」について軽くまとめてみたいと思います。

 

(「信長の野望 〜俺たちの戦国〜」では少し長いので、ここでは「ノブヤボ 俺戦」や「俺戦」と略します。)

 

「ノブヤボ 俺戦」は最大100人でリアルタイム合戦ができるらしい!

 

 

今までのゲームは1人〜4人で対戦というものが多かったですが、なんと!「俺戦」では最大50対50のリアルタイム大合戦が楽しめちゃいます!

合戦ではサインを送って仲間と連携し、陣を設営したり、敵陣を奪取する事が目的となるようです。

 

それにしても50対50は凄いですね…画面がカクついたり、ラグなんかは大丈夫なんでしょうか…

少し気になりますが、これは楽しみですね。

 

「ノブヤボ 俺戦」は簡単操作で奥の深い駆け引きが魅力らしい!

 

合戦の戦闘ではシンプルながらも奥の深い読み合いが行われるみたいです!

相手に有利な兵科を出すのか、コンボを繋げるのか、もしくは敵のコンボを遮るのか…

など相手の行動を読みながら自分の次の一手を決めるといった、手に汗握る戦闘が指先1つの直感的操作で楽しめちゃいます!

 

カイジみたいな読み合いが行われるんでしょうかね…!ww

詳しいシステムはまだわかりませんが、気になります…!

 

「ノブヤボ 俺戦」は自分好みに最強の家臣団を作っていけるらしい!

 

戦闘を有利に進めるためには強化は必須ですね。

武将の能力強化はもちろんですが、陣形との組み合わせで更に能力を引き出す事ができるようです!

陣形も強化をする事ができ、陣形ごとに用意されたパネルをプレイヤーが好きなように解放していく事が出来るシステムになっており、自分だけの家臣団を作っていく事ができます!

 

いわゆるスキルツリー形式ってことなんですかね…

自分のやりやすいように強化していく事が出来ますが、最終的には全部パネルが埋まると思うので最終的に行き着く所は皆同じになるのかなぁと思ったり思わなかったり…

(まぁこれは全てのスキルツリー形式のゲームに言える事ですけどね…)

 

「ノブヤボ 俺戦」はソロでも充分楽しめるらしい!

 

「俺戦」はアプリという事もありオンライン要素が強いですが、ソロプレイでもちゃんと楽しめるようです!

自分の活躍によって天下情勢に影響を与える「クエスト」、武将の生涯を追体験する「ストーリー」、城下町の開発や収穫ができる「内政」などなど…

ソロプレイでも「俺戦」を遊びつくしちゃいましょう!

 

やっぱり元は歴史シミュレーションゲームですから、ソロプレイでもしっかりじっくりと楽しみたいですよね。

「自分の活躍によって天下情勢に影響を与える」というクエストがどのようなシステムになっているのか気になるところです…。

 

 

 

はい!こんな感じで「信長の野望 〜俺たちの戦国〜」についてまとめてみました!

シミュレーションというよりも、合戦パートがメインのゲームという感じになりそうです。

ノブヤボ好きの方でも少し賛否が別れそうな予感はありますが…

 

さてさて!気になるリリース日ですが、2016年リリース予定となっており詳細はまだわかっていません!(一部では12月8日配信との噂あり

 

まだ予約トップ10や公式サイトで事前登録を受け付けています!

現在事前登録者数は4万人を越えており、5万人を越えると「☆5 真田幸村」などが貰えるので、気になった方は是非登録をしてリリース日を待ちましょう!

 

www.nobunaga-oresen.jp

 

 

意外と歴史シミュレーションゲームとかって勉強になったりするから侮れないんだよなぁ…と思ったりするりんたろう@rintarou_zakki)でした。